HOME > 環境大気常時監視技術者試験のご案内 > 平成29年度 環境大気常時監視技術者試験「主任技術者試験」

環境大気常時監視技術者試験のご案内

平成29年度 環境大気常時監視技術者試験「主任技術者試験」

平成29年9月4日(月)
(公社)日本環境技術協会

1.試験スケジュール

9月4日(月) ①「主任技術者 受験の手引き」当協会ホームぺジに掲載
② 「プレゼンテーション・課題」発表
③ [受験申込] 受付開始
  • 当協会ホームページより、必要書類をダウンロードして下さい。
  • 期日までに簡易書留郵便又は宅配便でお申し込み下さい。
10月6日(金) ④ [受験申込] 受付終了
  • 当日の消印まで有効。
10月中旬 ⑤ [受験票] メールにより発送
10月27日(金) ⑥ プレゼンテーション課題
⑦ 実務経験書
資料提出締め切り
<大阪会場>
11月 6日(月)
 

<東京会場>
11月   8日(水)
⑧「主任技術者」試験実施
  • 受験会場は大阪、東京の何れかを選択して下さい。
  • 受験票は必ず持参下さい。
12月上旬 ⑨合否通知

 

2.試験科目及び試験の形式

(1)試験形式 ; プレゼンテーション及び面接
(2)試験科目・内容 ;
1. プレゼンテーション
ⅰ.課題

下記テーマから1テーマを選択し、自分の経験や課題、考え方等をPRできる資料を作成下さい。なお、発表はパワーポイントでプロジェクターを用いて行います。

  1. 環境大気常時監視機器の保守管理とデータ管理について
  2. 環境大気常時監視データの信頼性向上のための方策について
  3. 環境大気常時監視における欠測データの削減、欠測時間の短縮のための方策について
  4. 環境大気常時監視の意義と役割について
  5. 環境大気常時監視に係る技術継承について
  6. 環境大気常時監視業務における主任技術者としての必要な知識と取組みについて
ⅱ.プレゼンテーション資料の作成

電子データ(Microsoft社 Windows 7)で表示可能なPower Point形式でデータ容量サイズは2MBまでとします。内容、量を検討し、発表時間の10分(時間厳守!)を有効に活用できるものとして下さい。

2.実務経験書

実務経験書 様式5
当協会のホームページよりダウンロードして下さい。
電子データ(Microsoft社 Windows 7)で表示可能なWord形式で、A4サイズ1枚で記入下さい。 面接試験時の採点資料とします。

3.資料の送付

「プレゼンテーション資料」、「実務経験書」(様式5)は、下記メールアドレス「試験事務局」 宛に平成29年10月27日(金)までに送付して下さい。
①e-mailアドレス:taiki_shiken@jeta.or.jp
②件名:主任技術者試験 <受験番号 受験者氏名>
③File名:プレゼンテーション資料、実務経験書ともに、受験番号(ハイフンは除く)受験者氏名としてください。 例:TM001 環境太郎

4.面接試験

「プレゼンテーション内容」や「実務経験書」を参考とした質疑応答や、受験者の業務・課題等についての面接を実施します。

5.試験時間

30分間/受験者1人
プレゼンテーション(10分:時間超過、不足は減点対象)、
質疑応答及び面接(20分)、

3.受験料

受験料;12,300円(税込)

振込先 みずほ銀行 市ヶ谷支店 普通 2207923

口座名:公益社団法人日本環境技術協会 (振込手数料は各自ご負担下さい。)

4.本試験の実施、受験申込書・手続方法等詳細

pdf本試験に関する詳細は、環境大気常時監視技術者試験「受験の手引き」(PDF版)をご覧ください。


<前の記事を読む

協会の概要

入会のご案内

お知らせ

刊行物

お問い合わせ

このページの先頭へ